エコツアー
by okuamorikirishima
外部リンク
最新の記事
専門家・奥天降へ
at 2014-09-16 10:12
9月11日、一人でも
at 2014-09-16 09:57
専門家現地調査
at 2014-09-16 09:49
8月25日美女二人
at 2014-08-28 06:24
奥天降エコツアー中級コース
at 2014-08-27 18:35
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
穏やかな一日
穏やかな一日・穏やかな流れ、清流久留味川
a0188294_19183673.jpg

[PR]
by okuamorikirishima | 2012-01-26 19:22
雨上がり
ここ奥天降は、火砕流でできている。
a0188294_1336750.jpg
軽石もあれば、こんな模様もある。
a0188294_13372864.jpg
a0188294_1340631.jpg
今年初めて雨らしい雨が降った。辰年生まれののオッキー君もうれしそう。
a0188294_13411986.jpg

[PR]
by okuamorikirishima | 2012-01-17 13:41
平成24年1月
a0188294_5321515.jpg
元旦・岩堂観音に行く。鹿児島県の磨涯仏としては、鹿児島市の清泉寺跡、川辺の磨崖仏群に次ぐ古さで、南北朝時代の磨崖仏です。天降川上流の深い渓谷にある傾斜角約80度の凝灰岩の山肌に彫られています。地上1.6mの所を底辺として高さ1.4m、幅3.5m、奥行き0.455mをくり抜いて、中に来迎形(らいごうがた)弥陀三尊(みださんぞん)を レリ-フ状に掘り出してあります。

(仏像に対峙するに理屈はいらない。ひたすら拝むだけでよい。そこに静寂があり、仏の言葉が聞こえてくる。悩みがあれば話すがいい。有りの侭に総てを仏に委ねる「無心」が大切である。喜びがあったら、仏と分かち合おう。その喜びが何倍にもなって、仏の笑顔を見ることが出来るだろう。こうしてみると、造像についての様々なことは、まさに仏を拝む心には些末なことのように思えてならない)。

建武弐年(1334)12月15日建立年・(後谷集落の石田さんは、平家の落人が建立したと述べられている。後谷集落は、平家の隠れ里なのか)長い下りの階段を下りていくと、小さな谷川の向こうに巨大な岩壁を背にした小さな陸地が見え、まるで彼岸のイメージを実現してみせたかのように思われます。
こんな山奥にあるからなのでしょうか、橋を渡ってたどり着いた阿弥陀如来の眼前の陸地は、特別に新鮮な空気につつまれているような気がします。

赤水の岩堂は、不思議な場所です。
a0188294_5464641.jpg
a0188294_5472846.jpg

[PR]
by okuamorikirishima | 2012-01-02 05:47